関谷 共未

関谷 共未
Print Friendly, PDF & Email

関谷 共未 (せきや ともみ)

講師カテゴリー

  • 医学・医療・健康
  • 医学・医療(最先端医療)
  • メンタルヘルス
  • 環境・防災・防犯
  • 福祉・介護
  • ライフスタイル
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

大阪府

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1986:大阪外国語大学(現・大阪大学)イスパニア語学科卒業
1986:(株)リクルート入社
1989:スペイン留学を経て、通訳・翻訳業、国際会議やイベント等のコディネートに従事、
1989:その後YWCA、公的機関などで外国人への日本語教育に従事
2000:SIDS 家族の会でグリーフケア(ご遺族への援助)に携わる
2003:大阪あべのカウンセリングルーム開室(現職)
2004:大阪府女性相談センター(配偶者暴力相談支援センター)相談員
2006:医療法人平山クリニック(精神科ソーシャルワーカーとして従事)(現職)
2008:ピースマインド・イープ(株)(現職)
2008:EAPコンサルタント
2011:一般社団法人京都グリーフケア協会(現職)
2011:講師・グリーフカウンセラー

講演テーマ

【死別の悲しみに向き合う】

【愛する人を失くしたとき、まわりの人にできること】

【大切な人をどう看取るか】

【悲嘆とグリーフケア】

【自分で学ぶ「うつと不安」克服法】

【あなたの大切な人がうつになったら】

【職場のメンタルヘルス】

【うつ病にならない職場づくり】

【専門職向け:グリーフケアから学ぶ対人援助(入門~上級・専門)】

【専門職向け:スピリチュアルケアと援助的コミュニケーション】

【専門職向け:援助者自身のグリーフケア(自己理解・自己覚知)】

※ご遺族のケアや訪問看護、介護、ホスピス、あるいは学校教育などに携わる医療・福祉・教育分野の専門家のためのグリーフケア研修・講演

【専門職向け:認知療法・認知行動療法を学ぶ研修・ワークショップ】

※認知療法・認知行動療法は、うつや不安など心の問題に対する効果(エビデンス)が実証的に示されている数少ない心理療法の一つです。
自分自身の思考のクセを知り、より多面的で柔軟な思考パターンを習慣化することによって、職場やプライベートなど様々なストレスフルな場面に現実的に対応できるようになり、
より豊かな人生を生きることができるようになります。

講演の特徴

研修や講演では、基礎から上級、専門的内容まで、
テーマや参加人数、時間など、ご希望に応じて対応いたします。

著書

「もう一度逢いたい~愛する人を亡くしたあなたへ~」(新風舎)
「ネオネイタルケア(新生児医療と看護の専門誌)」(メディカ出版)
・「ソーシャルワーク研究」(相川書房)

その他

○専門分野
・うつ病・不安障害、その他こころの問題全領域のカウンセリングと心理療法
・認知療法・認知行動療法
・グリーフケア・グリーフカウンセリング
・職場のメンタルヘルス
・ポストベンション・クライシスケア
・新入社員研修・管理職研修

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。