大菅 小百合

大菅 小百合
Print Friendly, PDF & Email

大菅 小百合 (おおすが さゆり)

元スピードスケート選手
元自転車競技選手

講師カテゴリー

  • 医学・医療・健康
  • メンタルヘルス
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

北海道

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1980年生まれ。北海道標津郡標津町出身。
1999年 白樺学園高等学校卒業
1999年 日本電産サンキョー(旧三協精機製作所)入社
2002年 ソルトレイク五輪 スケート500m12位・1000m18位
2004年 アテネ五輪 自転車女子500m10位
2006年 トリノ五輪 スケート500m8位
2006年 日本電産サンキョー退社、大和ハウス工業入社
2011年 現役引退
2015年 大和ハウス工業退社

講演テーマ

【メンタリティマネジメント】

オリンピック3季連続出場を成し遂げたトップアスリートによる、結果を出すためのメンタリティマネジメント、モチベーションコントロールの秘訣を語ります。他の選手の指導実績も踏まえ、たどり着いた結論は、余計なストレスを生まないこと。「こうしたほうがいい」「これはしないほうがいい」といった縛りをなくし、スッキリした気分で本番に臨んだ効果などを、オリンピック選手ならではの実体験を交えてお話しいたします。

【アスリートと企業】

高校卒業後は企業に所属して活動し、また転職も経験した中で、自らがアスリートとしてどのように企業と関わってきたかを講演します。自らの活躍が同僚への刺激となり、また自分を応援してくれている人たちの団結へと繋がった経験は、社内のモチベーションアップやコミュニケーション増加の機会を与えていたという点で、様々な企業関係者が持つ共通した悩みの一つを解決へと導くヒントになるかもしれません。

実績

スピードスケートと自転車競技で、2002年・2004年・2006年とオリンピック3季連続出場(オリンピック夏冬出場は男女通じ日本人史上4人目)
スピードスケートW杯 優勝3回
スピードスケート日本記録更新 2回
自転車競技日本記録更新 5回

講演の特徴

オリンピック選手としての特異なモチベーションアップ術や指導に関する経験、マイナースポーツ発展のための考えといった直球の話だけでなく、アスリート同士の横のつながりや選手村内の様子なども交えて、なかなか聞けない裏話を含めたお話を致します。
また自らが成した企業への貢献を語る事で、ビジネスマンの皆様にも興味をお持ちいただける内容となっております。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。