小林 宏之

小林 宏之
Print Friendly, PDF & Email

小林 宏之 (こばやし ひろゆき)

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 働き方改革・ワークライフバランス
  • ビジネス研修
  • リーダーシップ・マネジメント
  • 安全大会
  • 防災・危機管理
  • 環境・防災・防犯
  • BCP

出身地・ゆかりの地

埼玉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1986年5月 日本航空入社 2010年3月 日本航空退職

<パイロット歴>
乗務した機種 B727  DC8  B747 DC10 8747-400
乗務した路線 日本航空が運航した全ての国際路線及び主な国内線:総飛行時間:18500時間

<その他>
入社以来42年間一度も病欠、自己都合でスケジュールの変更なし

<主な社歴>  
飛行技術室長、運航安全推進部部長、運航本部副本部長
首相特別便機長(竹下首相、海部首相、小泉首相)
湾岸危機時の邦人救出機機長
宇宙航空研究開発機構:日本人宇宙飛行士安全検討チームの一員

<退職後の主な略歴>
国の交通政策審議会委員(2017年9月まで)
公益社団法人日本航空機操縦士協会副会長(2014年まで)
慶応大学大学院非常勤講師(2016年まで)
原子力安全推進協会の原発運転責任者講習講師 
航空評論家としてテレビ・ラジオ出演
危機管理・リスクマネジメント等の講師
「エンジン01文化戦略会議」の構成員
電力会社の原子力安全セーフティーボードの一員

<所属学会等>
エンジン01文化戦略会議、日本リスクマネジメント学会 日本抗加齢医学会

講演テーマ

【OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント】

OODAとはObserve―Orient―Decide―Actのループの頭文字で、具体的には、情報収集―状況判断(認識)-意思決定-行動の一連のマネジマントのことです。変化や予期せぬこと、想定外の事態など、非常時、危機管理に対応するための意思決定の思考術です。
一方、業務改善、効率化、品質改良などのマネジメントサイクルであるPDCAは、広く日本社会にも定着していますが、これは平時のマネジメントサイクルであり、PDCAとOODAの決定的な違いは、PDCAは計画が出発点であるのに対してOODAは観察(情報収集)と状況判断(状況認識)です。さらに、PDCAとOODAとは、一連のループ、マネジメントサイクルに要する、求められる時間には桁違いの差があります。
政治家や官僚、また企業など昨今のさまざまな不祥事への対応例からOODAの仕組みを解説し、新時代に必要なリーダー像を構築していきます。

【トップの危機管理】
【リーダーシップ】
【リスクマネジメント】
【プロフェッショナル】
【安全管理】
【ヒューマンエラー対策】
【ノンテクニカルスキル】
【集中術】
【健康管理術】
【高度一万メートルから見た地球環境】
【働き方改革とリーダーの危機管理】

著書

機長の「集中術」』(CCCメディアハウス)
機長の「健康術」』(CCCメディアハウス)
JAL最後のサムライ機長』(ポプラ社)
航空安全とパイロットの危機管理』(成山堂書店)
ザ・グレート・フライト JALを飛んだ42年~太陽は西からも昇る』(講談社)
OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント』(徳間書店 2020)

その他

<主な雑誌・新聞連載>
中日新聞:東京新聞の夕刊のコラム「紙つぶて」(平成23年7月~12月担当)
雑誌:「近代セールス」で「グレートキャプテンの危機管理術」(平成23年4月~平成25年3月連載)
雑誌:「エコノミスト」で「切り撮った地球高度一万メートルから見た美と変化」(平成20年7月~平成21年4月)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。