白田 直也

白田 直也
Print Friendly, PDF & Email

白田 直也 (しらた なおや)

元認定NPO法人Teach For Japan 代表理事兼CEO

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • リーダーシップ・マネジメント
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け
  • ライフスタイル
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

早稲田大学卒業後、新卒で楽天株式会社に入社し月間新人賞を獲得。ビジネス経験の後、全米就職ランキング第一位の『Teach For America』の日本法人のプログラムの第1期生として2年間学校現場に入る。その後同法人のCEO兼代表理事に就任し、奈良、大阪、埼玉、福岡など様々な教育委員会と連携し、教師を育成・派遣する。その後、ニューヨークに渡り、フロリダで最先端の自己開発プログラムを学び、講師となる。企業研修、企業講演や青年会議所、学校での講演など幅広く依頼を受ける。

講演テーマ

【教師経験から学ぶリーダー育成の秘訣~全米就職ランキング第1位となったリーダー  輩出機関~】

グーグルやディズニーを抜いて全米就職ランキング第1位となったアメリカのNPO法人Teach For Americaでは、「Teaching as Leadership」というスローガンを掲げ、全米の優秀な大学生に2年間の教師経験をさせたあと、様々な分野でのリーダーを多数輩出し、1万人の教師を分析したのち、成果を出す教師のパターンを6つの要素にまとめました。そして成果を出した多くの教師が、その後も良いリーダーとして活躍していることがわかりました。同プログラムの日本法人Teach for Japanの第1期生かつ代表理事兼CEOの経験から見えた、教師とリーダーシップの関係、そしてリーダー育成の秘訣をお話しします。

【もし元楽天社員が学校の先生になったら?~学校現場のリアルから見える、子どもた  ちに本当に必要なこと~】

3年間楽天株式会社にて営業職として務め、新人賞を獲得。2年目から地方代理店のマネジメントと営業マンの育成を務めたのち、「社会人経験者を課題のある公立学校に教師として派遣するプログラム」を行う、認定NPO法人Teach For Japanのプログラムを通して奈良県の小学校教師となる。「学校の先生は世間知らず」、「今の学校は遅れている」、「社会に出て役立つことをしていない」、など様々なことを言われている学校現場がどのようになっていたのか? そして、社会人経験を生かした実践とは?これからに必要な教育や教師の在り方とは一体なんなのか?ということについてお話させていただけたらと思います。

【意識の使い方を学ぶことが、私たちの人生に何をもたらすか?】

「人は意識していることをよく目にする」「考えている、思っていることを人は惹きつけてしまう」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。30年間、12万4000人の人が受講した最新の意識の使い方《Avatar》のツールについて、みなさんと分かち合いながら、実際に経験していただきたいと思います。

実績

<講演実績>
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017(日本財団主催)/若手育成フォーラム2017(株式会社ファーストキャリア主催)/リクルートすごい社会人Live(株式会社リクルート主催)/投資と寄付の未来を考える ~国境なき医師団・Teach For Japan 紹介セミナー(ひふみ投信主催)/【N高×Wantedly】EdTalk&Workshop Night Vol.1【feat.TFJ】(Wantedly主催)/千葉県青年会議所(千葉県青年会議所主催)/九州大学QREC(授業講師)/東洋大学(授業講師)/紀宝町立矢渕中学校(授業講師)/北九州市教育委員会(北九州市教育委員会)リクルートキャリア(株式会社リクルートキャリア)/全国教育者会議KES (非営利活動団体KANAE)/立教大学(みんなの学校みんなの社会運営チーム主催)/全国教育フェスタ(全国教育フェスタ主催)/愛媛教育フェス(有志による主催)/京都府立大学(有志による主催)/東京学芸大学(有志による主催)/関西大学ラグビー部(有志による主催)他 多数

講演の特徴

動的。ワークや対話を中にはさんで参加型の講演を行います。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。