稲垣 喜大

稲垣 喜大
Print Friendly, PDF & Email

稲垣 喜大 (いながき よしひろ)

健心接骨院院長 柔道整復師
NJKF健心塾伊勢代表
NJKF DEEPkick ホーストカップ 公式メディカルトレーナー
学校法人マリア学園暁の星こども園評議員

講師カテゴリー

  • 医学・医療・健康
  • 健康・運動
  • スポーツ
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

三重県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1979年 三重県度会郡小俣町に誕生
高校生より柔道を始め 京都産業大学在学中は少林寺拳法部に在籍
全日本学生大会出場 関西学生大会準優勝 4年時には主将をつとめた。
大学在学中に総合格闘技に誘われプロ大会にも出場 ケガのため一時引退
その経験から柔道整復師の資格を取得 学校法人平成医療学
園専門学校柔道整復師学科卒業後は同校で常勤教員となり柔道整復師専科教員を取得
2009年から同校の柔道整復師学科教務主任をつとめた。
格闘技のプロ大会でメディカルトレーナーも兼任
2011年 地元伊勢市小俣町で健心接骨院 キックボクシングジムNJKF健心塾を開設。
同年より学校法人平成医療学園専門学校 非常勤講師
三重県キックボクシング大会の審判就任
2016年 伊勢市小俣町商工会青年部副部長
2018年 伊勢市立小俣小学校PTA会長
2019年 商工会青年部主張発表(スピーチ)大会
      三重県大会最優秀賞
      中部ブロック大会優良賞
キックボクシングジムでは生徒のAyaka選手がプロ日本ランキング一位となり タイトルマッチが決定。
格闘技を中心に様々な経験を通して感じたことを柔道整復師 ジム会長 メディカルトレーナー種々の観点からお話しております。

講演テーマ

【スポーツにおけるケガとその予防 応急処置】

スポーツにケガはつきものです。長い間競技を続けるためにケガとの付き合い方は 競技パフォーマンスの向上につながります。講演では年代別 スポーツ別に知っておきたいケガの知識と予防および応急処置について解説いたします。

【スポーツ外傷におけるテーピングの実際】

スポーツでケガをしてしまった時 競技を続けるために または再発防止のために知っておきたいのがテーピングです。講演では正しいテーピング理論を実技も交えて解説いたします。

【シニア年代のケガとその予防】

少子高齢化の昨今 高齢者の緊急搬送は増える一方です。講演では要介護につながる シニア年代特有のケガとその原因を解説し その予防につながる運動療法 食生活についてお話いたします。

【ジュニアスポーツにおける問題点と親の関わり】

格闘技を25年 指導者として20年やってきたなかで感じた 日本のジュニアスポーツの問題点をお話し 子供たちが夢を持って競技を続けるために必要不可欠な保護者の関わり方についてお話いたします。

実績

<主な講演実績>
学校法人平成医療学園専門学校
担当授業 柔道整復理論
柔道整復実技
スポーツテーピング
国家試験対策授業

学校法人平成医療学園 勉強会
格闘技トレーナー理論

伊勢市小俣町スポーツ協会 ASREC
スポーツ外傷とその応急処置
スポーツ外傷におけるテーピング実技

多気町スポーツ協会
スポーツ外傷とその応急処置

松阪市シルバー人材派遣センター
シニア年代のケガとその予防

三重県商工会青年部主張発表大会
未来を創る青年部活動

講演の特徴

自分の人生のベースである格闘技 その競技生活 引退後のメディカルトレーナー 審判など裏方として感じてきたことを中心に 柔道整復師として またはジム指導者としての視点から 専門分野であるケガの話 スポーツ指導の話など実際に世間一般で考えられている誤解や固定観念をわかりやすくユーモア交えて解説させていただきます。

その他

<主なメディア出演>
・FM三重
・伊勢新聞、毎日新聞、読売新聞、中日新聞

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。