斎藤 直樹 | 講師セレクト

講師一覧

政治・経済・国際(安全保障 )に合致する講師をご紹介。

各業界の著名人からスポーツ選手まで、当協会に登録頂いている講師陣をご紹介いたします。

この他にも多数の講師の方にご協力いただいております。
掲載されていない講師もおりますので、プロフィール・詳細は個別にお問い合わせください。

斎藤 直樹(さいとう なおき)

山梨県立大学国際政策学部教授
神田外国語学部英米語学科非常勤講師
慶応義塾大学理工学部非常勤講師
日本国際フォーラム上席研究員

講演テーマ

【米朝開戦危機の再燃の可能性】

金正恩朝鮮労働党委員長はトランプ大統領に北朝鮮の「完全な非核化」を約束したが、北朝鮮の核ミサイル開発に何ら歯止めがかかっていない。この間、米朝核交渉が進まない状況の下で、大規模な軍事挑発に金正恩が打って出る可能性がある。もし軍事挑発を金正恩が選択するならば、米朝関係、朝鮮半島情勢はまたしても重大な局面に推移しかねない。これに対し、大統領再選を控えたトランプはどのように対処するであろうか。

【まやかしの非核化と問われるわが国の安全保障】

北朝鮮による非核化が遅々として進まない中で、北朝鮮の核武装は遅かれ早かれ実現することが憂慮される。これに対し、わが国の安全保障体制は必ずしも十分であるとは言い難い。もし朝鮮半島有事の危機が再燃し、金正恩指導部がわが国に対し核ミサイル攻撃を仕掛けることがあれば、わが国は未曾有の被害を被りかねないことが憂慮される。そうした危機に対しわが国はどのように対処すべきか、真剣に議論する必要があろう。

【泥沼化する日韓関係と今後の展望】

2018年秋以降、日韓関係は最も悪化している感がある。この間、いわゆる徴用工訴訟を端緒として、レーダー照射事件、輸出管理の見直し、日韓GSOMIA(秘密軍事情報保護協定)の破棄決定と、日韓関係を悪化させる事件が続発している。GSOMIAは失効直前で失効が回避されたものの、予断は許さない状況が続いている。泥沼化した感のある日韓関係は今後、どこまで悪化するのか、はたして日韓関係の修復に向けて改善策はあるのであろうか。

【世界大国を目論む習近平の野望と楔を打ち込みたいトランプの対峙―新冷戦の勃発と
 その展望】

世界大国の実現に向け習近平指導部が一帯一路や海洋進出、核軍拡を強引に進めている結果、南シナ海全域の領有を主張する南シナ海問題、太平洋への進出を目論む東シナ海問題、自治をないがしろにする香港問題など、一連の問題が生じている。これに対し、トランプが真っ向から対抗する結果、米中貿易摩擦、米国の中距離ミサイル導入問題などが急浮上している。北東アジアはさながら新冷戦が勃発した感があるが、今後どうなるのか。

プロフィール
これまで30年以上にわたりまして、幾つかの大学におきまして国際政治学、現代世界史、安全保障論、米国外交・政治などを講義してきました。難しい国際問題を分かりやすく解説することが得意です。以下は得意としますテーマです。朝鮮半島情勢(北朝鮮の核ミサイル開発と米朝対立、南北関係の展望)・朝鮮半島情勢とわが国の安全保障(北朝鮮の核ミサイル開発に対し日本の安全保障の確保と展望)・日韓関係(いわゆる徴用工問題を発端とする日韓関係の悪化と今後の展望)・中国問題(一帯一路構想と強引な海洋進出、核軍拡、香港問題などの展望と今後の米中対立の展望)・現代世界史(日本の明治時代から戦後までの近現代史。具体的には大日本帝国の興亡と対日占領を経て今日の繁栄に至る現代史。またこの間の大戦後の世界の冷戦の勃発、進展、終結と冷戦後から今日に至る現代世界史についてなどです。)関連しますが、現在の研究テーマは朝鮮半島情勢、日韓関係、中国問題、わが国の安全保障など北東アジア情勢全般にわたります。北朝鮮は非核化を約束しながら核ミサイル開発を継続していますが、米朝核交渉が進まない中でまた大規模な軍事挑発の再発が憂慮されます。この間、いわゆる徴用工訴訟に端を発します日韓関係の悪化は修復が容易ではありません。これが日米韓三国の安全保障協力に暗い影を投げかけています。かたや米国に並ぶ超大国に向けて中国が一帯一路構想や海洋進出を強引に続ける結果、米中貿易摩擦、南シナ海問題、東シナ海問題、香港問題、米国の中距離ミサイル導入問題など、一連の問題が発生しております。北東アジアはあたかも新冷戦が勃発したかの様相を呈し始めていると感じております。現在、刻々と変わる国際情勢について講演できれば幸いです。30年以上、教育と研究一筋です。どうぞよろしくお願いいたします。以下は略歴などです。

<略歴>
慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了。
マイアミ大学国際問題大学院博士課程(the Graduate School of
International Studies, the University of Miami)修了。
国際学博士号(Ph. D. in International Studies)取得。

現在:山梨県立大学教授、慶應義塾大学非常勤講師、神田外国語大学非常勤講師、日本国際フォーラム上席研究員など。

専攻:安全保障論、国際政治学、現代世界史、米国政治・外交など。
実績
・勝兵塾 第89回勝兵塾月例会 山梨県立大学 国際政策学部 国際
 コミュニケーション学科 教授 国際学博士 斎藤直樹 2018年10月28日
・山梨大学グローバル人材育成プログラム 「北朝鮮核・ミサイル 危機:米朝開戦とわが国の対応」2018年2月2日
講演の特徴
今、わが国や世界が直面する複雑な国際時事問題をできるだけ易しく解説しながら、そうした問題にどのように向き合うべきかについて皆さんに問題提起を行いたします。
著書
現代国際政治史〈上〉』(北樹出版)
現代国際政治史〈下〉』(北樹出版)
検証:イラク戦争』(三一書房)
『北朝鮮危機の歴史的構造1945‐2000』(論創社 2013)
『北朝鮮「終りの始まり」2001‐2015』(論創社 2016)
※詳しくはホームページhttp://saitonaoki.jp/をご覧ください。
動画
お問い合わせ お気軽にご相談ください 電話受付時間:9:00 ~ 18:00 休日: 土/ 日/ 祝日 東京本社 03-3249-0666 大阪本社 06-6312-0691
  • 講演依頼/問い合わせ
  • FAX申込用紙
  • 印刷する
一覧へ戻る
    PREV NEXT



この他にも多数の講師の方にご協力いただいております。
掲載されていない講師もおりますので、プロフィール・詳細は個別にお問い合わせください。

講師名・キーワードで検索

 
講演ジャンル
  • 経営・ビジネス
  • 政治・経済・国際
  • ライフスタイル
  • 人権・福祉・社会
  • モチベーション
  • 健康・医学
  • 芸能・文化・スポーツ
  • 教育
  • 環境・科学・エネルギー
  • 人生
講演ジャンルをもっと見る
目的から選ぶ

更に詳しい検索は「目的から選ぶ」からお調べください。

講演目的/対象者(複数チェック可)
ご予算別
50音から探す
番組から選ぶ

各番組に出演経験のある著名な講師をピックアップしております。

TOP PAGE
講師SELECT(日本経営開発協会/関西経営管理協会)は、社員研修、ビジネス研修、企業研修などの講演会の講師派遣、タレント派遣の企画・運営をサポートいたします。 創業以来60年以上培ってきたノウハウを基に東京、大阪をはじめとする日本全国のお客様からの講演依頼に対し、登録講師7,000名以上の中から適切な講師/タレントを人選し、ご紹介しております。 また初めての講演会を開くといった方でも安心していただけるよう、講演会準備からアフターフォローまで親切丁寧なサポートをいたします。講演相談や講師選定は無料です。
Get ADOBE Reader PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。