森 久美子 | 講師セレクト

講師一覧

ライフスタイル(食・料理 )に合致する講師をご紹介。

各業界の著名人からスポーツ選手まで、当協会に登録頂いている講師陣をご紹介いたします。

この他にも多数の講師の方にご協力いただいております。
掲載されていない講師もおりますので、プロフィール・詳細は個別にお問い合わせください。

森 久美子(もり くみこ)

作家
エッセイスト

講演テーマ

【「食」と「農」を結ぶ~心を育む食農教育~】
【「いただきます」を忘れずに~食育を進めるために~】
【○○県農業の魅力と課題】
【食と農の未来と地域振興のあり方】
【食に対する消費者の動向と農業農村の関わり】
【いきいきと輝く女性のために】
プロフィール
1956年 札幌生まれ。放送局、映画配給会社に勤務。
2020年4月より 北海道大学公共政策大学院在学中。

1995年 朝日新聞北海道支社主催「らいらっく文学賞」に、開拓時代の農村に生きる少女の成長を描いた小説「晴天色の着物」で入賞。以来、新聞、雑誌に多くの連載を持つ。
1999年よりFMアップル「北の食物研究所」パーソナリティーとして、2011年3月まで毎週「食と農業と健康」をテーマに対談。放送回数588回
2002年 第8回ホクレン夢大賞・農業応援部門優秀賞受賞
2004年 農業農村工学会賞・著作賞受賞
農林水産省、北海道、開発局、北海道教育委員会、地方自治体等主催の「農業と食」、「食育」、「育児」に関わる委員や講演多数
2010年~2014年 日本農業新聞のコラム「万象点描」執筆。
2014年 連載小説「青い雪」(日本農業新聞)10月より1年間(303回)執筆
2016年 中央公論新社より「ハッカの薫る丘で」刊行 (「青い雪」を改題)
2018年4月より日本農業新聞のコラム「きょう歩き」、「協同ウオッチ」執筆中(森久美子HPにも掲載)


<公職など>
・農林水産省 食料・農業・農村政策審議会 委員(2010年~2013年7月)
・農林水産省 食料・農業・農村政策審議会 農村振興整備部会委員(2013年8月~2019年7月)
・農林水産省 農村振興局 都市農村交流事業 評価委員(2011年~現在)
・北海道農業・農村振興審議会 委員(2010年~現在)
・北海道開発局・国営事業評価技術検討会 委員(2013年~現在)
・NPO法人 北海道田園生態系保全機構 理事(2002年~現在)
・家の光協会 参与(2017年4月~)

<JAに関わる役職>
・JA全中・自己改革に関する有識者会議委員(2014年8月~2016年3月)
・第28回JA北海道大会有識者会議委員(2014年5月~2015年11月)
著書
母のゆいごん』(共同文化社 2003)
きゅうりの声を聞いてごらん~食育実践記』(家の光協会 2005)
背信~待ち続けたラブレター』(共同文化社 2009)
「食」と「農」を結ぶ~心を育む食農教育』(筑波書房 2014)
ハッカの薫る丘で』(中央公論新社 2016)
おいしい記憶』(中央公論新社 2017 共著)
古民家再生物語』(中央公論新社 2018)
お問い合わせ お気軽にご相談ください 電話受付時間:9:00 ~ 18:00 休日: 土/ 日/ 祝日 東京本社 03-3249-0666 大阪本社 06-6312-0691
  • 講演依頼/問い合わせ
  • FAX申込用紙
  • 印刷する
一覧へ戻る
    PREV NEXT



この他にも多数の講師の方にご協力いただいております。
掲載されていない講師もおりますので、プロフィール・詳細は個別にお問い合わせください。

講師名・キーワードで検索

 
講演ジャンル
  • 経営・ビジネス
  • 政治・経済・国際
  • ライフスタイル
  • 人権・福祉・社会
  • モチベーション
  • 健康・医学
  • 芸能・文化・スポーツ
  • 教育
  • 環境・科学・エネルギー
  • 人生
講演ジャンルをもっと見る
目的から選ぶ

更に詳しい検索は「目的から選ぶ」からお調べください。

講演目的/対象者(複数チェック可)
ご予算別
50音から探す
番組から選ぶ

各番組に出演経験のある著名な講師をピックアップしております。

TOP PAGE
講師SELECT(日本経営開発協会/関西経営管理協会)は、社員研修、ビジネス研修、企業研修などの講演会の講師派遣、タレント派遣の企画・運営をサポートいたします。 創業以来60年以上培ってきたノウハウを基に東京、大阪をはじめとする日本全国のお客様からの講演依頼に対し、登録講師7,000名以上の中から適切な講師/タレントを人選し、ご紹介しております。 また初めての講演会を開くといった方でも安心していただけるよう、講演会準備からアフターフォローまで親切丁寧なサポートをいたします。講演相談や講師選定は無料です。
Get ADOBE Reader PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。